酪農学園大学どうぶつボランティア 幸せなしっぽ


「動物の様々な問題をなんとかしたい」という願いをもとに活動しています。

 

●代表者名/大関和也(酪農大獣医3年)

●会員数(2015年4月現在)/130名

●住所/北海道江別市文京台緑町582番地(酪農学園大)
●連絡先/090-9302-9730

●メールアドレス/miraba93@gmail.com

●HPアドレス/http://www5.hp-ez.com/hp/happytail/page1
●FBアドレス/https://www.facebook.com/rakunohappytail?ref=hl

 

団体の活動目的と内容

日本では年間数十万頭もの犬猫が動物管理センター等の施設で殺処分されており、私たちはそんな現状を少しでも良くしたい、捨てられた犬猫たちを救いたい…そんな願いから集まったのがきっかけでした。この活動を行うために2007年度10月から議論を重ね、組織として活動していく準備が整いました。
組織として活動するために、私たちは理念を打ち立てました。
理念:『学生として社会への責任を持って、現状の問題を改善するための継続的な活動を通し、人と動物の幸せな関係を目指す。』私たちはこの理念の下に何か動物のために出来ることはないのかと尽力しています。昨年度は主に動物管理センター、愛護団体、大学内でのパネル展、愛護フェスティバルなどのイベントへの参加、勉強会を通じて、メンバー一同それぞれの考えを深めていきました。

 

会員について

メンバーは全員酪農大生で構成され、獣医や環境共生などの学類は関係なくさまざまな学類の学生が所属しています。わんにゃんフェスタなどのイベントにはメンバーから希望者を募り参加し、SORAアニマルシェルターさんの委託販売、募金活動を主に行っています。サークルの運営としては大学からの補助金やメンバーからの部費で活動しています。

 

2014年度の活動

毎週水曜日のミーティング、前期と後期の勉強会でメンバー同士で意見の交換や共有を行い考えを深めていきました。そして見学会(しっぽの会さん、老犬ホーム)を行い、実際に職員の方にお話しを聞かせていただいたり、お世話のお手伝いをさせてもらいました。また、わんにゃんフェスタ、動物愛護フェスティバル、わんわんフェスタなどのイベントにも参加させていただきSORAへの募金活動や委託販売などを行いました。

 

今後の活動

ミーティングと勉強会は例年通り行い、メンバーそれぞれの考えをより深めていきたいと思います。見学会では昨年度は異なる場所へと訪問し学んでいきたいと思います。そして、イベントは昨年度参加させていただいたものに加え「猫マーケットinチカホ」など新たなイベントにも参加していき、新たな試みをしていきたいと思います。